ブックオフ買取価格

スポンサードリンク


サイト管理人はブックオフ買取を10年以上利用しております。
買取価格や対応について、感想等を書きます。


ブックオフ情熱のマネジメント


ブックオフと出版業界

スポンサードリンク

ブックオフ買取価格

ブックオフの買取価格は、一部インターネットでも調べることが可能です。
イーブックオフのサイト内の高価買取情報のページにて、タイトルなどのキーワードで調べられます。

ただ、データが出てくるのは本当にごく一部のものですので、実際には店舗に持ち込むか、ポストにポン買取などのサービスで送付するようにしないと、買取価格はわからないものが多いと思います。

ブックオフ買取価格に対する感想

私は、もう10年くらい前よりブックオフの買取サービスのお世話になっています。

学生のころから本が好きだったので、社会人になる際に引越しのときに持っていったら、たしか7万円くらいになりました。
その後もやはり引越しの際や、本がいっぱいになったときに車に段ボール箱をいくつも載せて買い取りを行っていただいた経験が何回もあります。
実家に戻った際にも、漫画やCD、ゲームソフトなどを含めてたくさんあったので、整理して何箱かのダンボール箱に入れて持っていった記憶があります。

今も本がたまってきたら買取してもらいに店舗に持っていっていますが、最近はなんだか以前に比べて買取の金額が渋い印象を受けています。
(ツタヤポイントと統合される前後くらいからでしょうか)
以前は他の中古書チェーン店に比較して結構な差がある印象だったので、当然のように車や電車でブックオフまで行っておりましたが、最近はもらえる金額のことを考えると、どうしようかな、もう捨ててしまおうかな、と思うこともしばしばあります。

紙袋に入れて持っていっても、電車賃のほうが高くなってしまうこともあります。
スタッフの方々も、そういうことを含め察して応対くださると気持ちよく帰れますが、忙しそうに半機械的に対応されると、「せっかく持ってきたのに」と思ってしまうこともあります。

本のリサイクルという側面もあるので、できれば頑張って仕入れの価格(買取価格)を高めにできるよう努力していただければなと思います。
そうでないと、買取査定に出さずに、本を捨ててしまう人も増えるのではないでしょうか。
買取査定に訪れる人は時間をかけ、重い荷物を持ち運び、交通費を支払って、来ています。
お店の方も、「わざわざすみません」という気持ちをできるだけもっていてほしいです。

読んだ本でも、図書館に寄贈するようなことはできるのでしょうか。
買い取り査定の金額を聞いて、むっとするより、そういった別の方法で自分が気持ちよくいられる方法がないものかな、と最近は思っています。