QUO VADIS (クオ バディス)の手帳

スポンサードリンク


インターネットショップの通販でも購入することができます。

クオバディス エグゼクティブ
クオバディス 手帳カバー
クオバディス ビジネス
クオバディス トリノート

スポンサードリンク

QUO VADIS (クオ バディス)の手帳

クオバディス手帳はフランスメーカーの手帳です。
外観もなかなかおしゃれで、機能性にもすぐれています。
ビジネス、トリノート、アジェンダスコップなどいくつも種類がありますが、私は『エグゼクティブノート』を利用しています。

以下のポイントが気に入っております。

コンパクトである

私はいくつかかばんを持っていますが、そのどれでにでもだいたい収まり、気になりません。
ノートパソコンに加えて、本を2〜3冊くらい同時に持ち歩くこともあるので、厚みもサイズもそれほど大きくないこのタイプは重宝しています。

マンスリーカレンダーページがつくようになった

2007年までのものにはありませんでした。
それがために購入をやめていたりしたので、本当によかったと感じています。

デイリータイムスケジュールがある

日々の行動予定を、時間で記入していくことができます。

メモ欄が大きい

見開き2ページで、左ページと右側ページの少しがデイリータイムスケジュール欄で、右側ページのほとんどはメモ欄(自由記入欄)になっています。
思いついたことや、備忘録、ちょっとした打ち合わせの記録などを書いておくことができ、とても便利です。


QUO VADIS (クオ バディス)手帳「エグゼクティブノート」の欠点・改善要望点

逆に、以下の点は改善されるといいなと思っているところです。

デイリータイムスケジュールページにto doリストをもっと書けるようにする

ちょっとしたことは書けるスペースはあるのですが、to doリストをいくつも書けるまでの広さはありません。
トリノートの種類だと、日々のタイムスケジュールの下に少しスペースがあるので、to doを書くことを重視される場合には、こちらのほうがいいかも知れません。
(そのかわりメモ欄が小さかったりするので、よくご覧になって選ばれたほうがいいと思います)

マンスリーカレンダーページのレイアウト

1日1日のスペースが比較的小さめなので、スケジュールを書くのに苦労します。
1日に5個以上の予定を書かないといけないような方には、向いていないかも知れません。

後ろのほうのメモ記入ページのボリュームをもっと大きくする

いまは7ページ分くらいしかありません。
もっとたくさんのページがあってもいいのではないかと感じます。

仕事内容やライフスタイルによって、手帳に求めるものは人によってそれぞれ異なるんだと思います。
クオバディス手帳でもいろいろなラインナップがありますし、他のメーカーのものも年々改善されてきたりするので、よく比較検討して購入するといいでしょう。

手帳購入に関する私の失敗談 ビジネス手帳購入の際の注意点

以前にある本屋さんで手帳を購入して、失敗してしまった経験があります。
「これがいい」と思って買ったものが、家に帰ってからもう一度見たら、ちょっと用途に合っていない部分があることに気が付いてしまったのです。

買ったお店に持っていって、事情を説明しましたが、「返品は受け付けられない」と言われてしまいました。
すこし話をして、交換、それもその手帳より値段が高いものとの交換ならOKとなり、他のものに交換していただきました。

本屋さんだから、そういった対応(返品や交換は基本的にできない)だったのでしょうか。
東急ハンズやロフトさんでもそうなんでしょうかね。

(他のお店での対応がどうなのかは)聞いてみたことがないのでちょっとわからないのですが、その本屋さんに対して少し失望感を覚えてしまったのは事実です。
クレジットカードによっては、リターンプロテクション(なにかしらの事情でお返品を受け付けてもらえないときにも、カード会社が補償してくれる)があるものもので、そういったカードを通して購入するほうがいいのかな、などと思ったりもしました。
(※私の持っているカード会社のリターンプロテクションの規定を読んでみたら、書籍は対象外の商品となっていました。手帳もこれに含まれるのかわかりませんが、実際にご利用になろうとする場合には事前に各クレジットカード会社までお問い合わせになってください)