リスペクトの意味

スポンサードリンク


尊敬、敬意の念を持つことをあらわす「リスペクト」について書いております。

スポンサードリンク

リスペクトの意味

リスペクト【respect】

[名](スル)尊敬すること。敬意を表すこと。価値を認めて心服すること。「彼の音楽を愛し、―する後輩たちが作り上げたカバーアルバム」

『デジタル大辞泉』より

リスペクトとは英語で「尊敬、敬意」という意味です。
「あの人すごいな、こんなことをやるなんて信じられない」と賞賛の気持ちを持って評価することです。

私が思うに、真の尊敬心は、自分が必死に努力をして何かを成し遂げるような経験がないと抱くのは難しいように感じます。
自分が時間をかけて、目標を達成、もしくはそれに近づく経験をしてはじめて、他の人の行動の意味が深くわかってくるのだと思います。

たとえば5年間何かを一途に追い求めるというのはどういうことか。
何人かがグループになり、その集団が一体となって努力を重ねて、ようやく目的を達するというのがどういうことなのか、自分の身をもって体験してはじめて、深いレベルでの理解ができるのではないでしょうか。

だから、学校やら宿題・テストやらで「尊敬する人は誰か」と聞かれたりするかも知れませんが、若い人たちは特に深く悩まなくともいいと思います。
誰も思いつかなくても、本当はそれほど尊敬できるとは思わないと感じても、仕方がない面はあると思います。

ただ、だからといって傲慢になっていいということではありません。
それは逆で、尊敬心が芽生えないというのは、まだ現実にぶつかり、もがき、時間とエネルギーをかけて苦労して何かを達成するような経験がないからなのです。
「大人は尊敬できない」と感じてしまうとしたら、まだ自分が子供だから大人の活動がわからずに尊敬できないのです。

大人になっていく過程でいろいろな面での苦労を重ねていくことにより、他の人の活動を見て、その裏に潜む苦労や努力が想像できるようになっていきます。
・なんとなく簡単にやっているように見えるけれども、そんなわけはない。人一倍時間をかけて技に磨きをかけているはずだ。
・あれだけのことをやるには、最低5年はかかったのではないか。どんな鍛錬を日々行っているのだろう。その継続力には敬服する。
など、自分の努力や成果をもとに、他人の行いを評価することができるようになってくるのです。

★本の紹介

⇒『なぜあの人は尊敬されるのか』(楽天ブックス)