速読セミナー

スポンサードリンク


管理人はラーニングストラテジー社のフォトリーディングを習得しました。

スポンサードリンク

速読の口コミ情報

速読の口コミ情報として、私の10〜20年にわたる経験から書かせていただきます。

私は中学・高校の頃より速読に興味があり、関連の本を読んで、自分で訓練を行ってみたりしました。
大学時代の後半にはある速読の教室に通わせていただき、トレーニングを行いましたが、結果としては身につきませんでした。
残念なのは、ここで若干の不信感というのか、「出来るのは器用な一部の人たちだけなのではないか」といったような想いが生じたことです。

それ以降もずっと通常の読み方のみを行ってきましたが、ラーニングストラテジー社のフォトリーディングの講座に通い、マスターすることができました。

速読ノウハウとしては、私はフォトリーディングをおすすめします。
高い確率で習得できるのではないかと思うからです。

ただ、間違わないほうがよいと思うのは、講座に通ったからすぐにマスターできるものではないということです。
講座は2日or3日で一気に集中的に行われるもので、感覚としては速読のやり方とともに、訓練の仕方を教えてもらうものです。
上達のための練習方法を教わり、それをもとに家に帰ってから自分でトレーニングしながらマスターしていくのです。(もちろんフォロー用の無料講座やその他のサポートもありますので、それらの助けも得ながらやっていくことができますが、基本的に自分で継続的にやっていく意識がないと、マスターできずに頓挫してしまうと思います)

私の場合には、講座受講後、週に5日間くらいは速読のトレーニングを行い(1日に2冊程度行いました)、1ヶ月くらいでなんとなく習得感があらわれはじめ、2〜4ヶ月程度でマスターできた感覚になったと記憶しています。
私はおそらく不器用というのか、慎重で時間のかかるタイプなので、普通はもう少しはやいペースで習得感が得られるのかも知れません。

ただ、いずれにせよ、講座受講後に1ヶ月〜4ヶ月程度は継続したトレーニングを経なければいけないとお考えになったほうがいいでしょう。

マスターできたと思うのは、結果が物語っていて、その年は700冊以上読むことが出来ました。
速読を習得しても、本をどんどん読んでいく意識や行動がないと読書量は増えていきませんが、情報処理のツールとしても便利なものだと感じています。